http://xn--t8j4aa4nxi3dtbc1i7rl043b086e.xyz/

 

へらぶな釣りガイド目次

 

これから始めるへらぶな釣り

 

中級者以上のへらぶな釣り

 

へらぶな釣りのアイテム

 

釣場案内

 

ather

 

役に立つへらぶなアンケート

 

へらぶな釣りのエサ


1 バラケ へらぶなを寄せるためのエサで、名前の通り水中で溶けて(バラケて)周囲にいるへらぶなを集めるのが目的です。

 へらぶなの練りえさは、固い←→柔らかい、重い←→軽い、粘る←→バラケるの3種類の特徴をうまくその日の状況に合わせる事が大切です。そして、この「エサ合わせ」という作業がへらぶな釣りの面白さでもあり、難しさでもあるのです。

 例えば、固くて、重く、バラケるエサもありますし、柔らかくて軽く、粘るエサもあります。どの項目をいぢってその日のへらぶなのご機嫌に合わせていくかが、腕の見せ所です。

 ベテラン釣り師になると、バックの中に10種類を超えるエサを持っていく人もいますが、最初は単品で使えるエサで、固い←→柔らかいを調節しながら釣ってみるのがおすすめです。

 最初から、あまりエサに気を遣いすぎると釣り自体がつまらなくなってしまいます。


岡っぱりと呼ばれる、岸からの野釣りです。野釣りでは釣り台と呼ばれる、道具を使うことが多くなります。また、釣堀などと比べ竿も長くなり、だいたい3.9m以上が標準です
岡っぱりと呼ばれる、岸からの野釣りです。野釣りでは釣り台と呼ばれる、道具を使うことが多くなります。また、釣堀などと比べ竿も長くなり、だいたい3.9m以上が標準です
2 食わせ へらぶな釣りの仕掛けには、通常ハリが2本ついています。多くの場合は、上のハリがバラケ、下のハリが食わせエサになります。

 とはいっても、両ダンゴの釣りなどでは、明確にバラケと食わせの区別があるわけではなく、どちらのハリにも魚がかかってきます。

 しかし、ハリスの長さやへらぶなの摂餌の関係でしょうか、下バリにハリ掛かりすることが多いので、意識的に下バリの餌を少し粘り気味にしたり、小さくしたりもします。

 人によっては、同じ麩系のエサで、バラケと食わせを別々に作る人もいますが、あまりおすすめできません。両ダンゴの釣りでは、上下同じエサで、手でエサを揉む回数などで食わせとバラケを区別したほうが効率のいい釣りができます。

3 グルテンやウドンエサ 魚の活性が鈍い冬季を中心に活躍するのが、ウドンやグルテンエサです。

 どちらも特徴はバラケエサと違い「待ちが」効くことです。バラケエサでは、エサが自然に溶けてしまいますが、ウドンやグルテンエサはいつまでもハリに付いています。ですから冬季の動きの鈍い魚がハリを口に入れるまで、じっくりと待つことが出来るのです。

 しかし、ウドンもグルテンもそれだけでは、魚を寄せる効果が低いので、一方のハリにはバラケをつける場合がほとんどです。そして、このバラケの具合によって釣れ具合が大きく違ってきます。

【へらぶな釣りのエサ Photo Gallery】

【ダイワへらエサ本舗】

【マルキュー】

【ダイワへらエサ本舗】

初心者からベテランまで使いやすいへらぶな用のエサが、ダイワへらエサ本舗のエサです。写真はバラケ、ダンゴ用の麩を使用した基本的なエサです。

【マルキュー】

へらぶなエサの老舗、マルキューのへらぶな用ダンゴエサです。写真の3品はどれも定評のあるエサで、ベテランの人にも愛用されています。

【ダイワへらエサ本舗】

横利根川

【ダイワへらエサ本舗】

タピオカのウドンやペレットを特殊加工したエサです。少しへらぶな釣りに慣れてくると、右側の2種類は定番ともいえるエサになるはずです。他のエサとブレンドして使います

【マルキュー】

ビン詰めのウドンやトロロ、グルテンエサです。ウドンとグルテンは冬季を中心に活躍、トロロ系のエサは夏によく使用します。トロロやグルテンはブレンドとしても使えます

へらぶな釣り

エサを調整することを「エサ合わせ」といいます。へらぶな釣りの最も楽しいところいです。エサが合うと、不思議に釣れる魚の型(大きさ)も良くなってきます

【スポンサードリンク】